© 2017-2019 Shirai Kou

  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン

【作品解説】

自宅にお気に入りのパペットがあります。

遊んでいる時、時々それが魂を持っていると感じます。

「実はこの人形が動きたいように私を操っているのではないか?」

飼っている子犬に対しても同じです。

「わたしの頭の中では彼をペットとして飼っているけれど、もしかしたら彼がわたしを召使いとして働かせているかもしれないじゃないか」

人形を操る。

子犬をペットとして飼う。

わたしの視点からでしかありません。

当てにならない現実。

この「不確実な関係性」は作品と鑑賞者の間にも存在します。

ただ観察(傍観)しているつもりなら、作品に飲み込まれないよう気をつけてください。

わたしだって、作品に動かされているかもしれません。

あなたに出会いたいという願いのために。